メバルとは?

メバルとは

メバル釣り

分類:カサゴ目フサカサゴ科メバル属

学名:Sebastes inermis

分布:北海道南部〜九州

全長:約30センチ

メバルの特徴

メバルは漢字で「目張」と書く通り目の大きい魚です。「春告魚」とも呼ばれ旬は春。
生息している環境によって色が異なり、深場に生息するメバルは赤く、浅場のメバルは黒い。

日中は岩陰などでじっとしている事が多いが、夜になると餌を求めて動き回ります。
メバルのポイントにはカサゴも多く生息しているため、カサゴはメバル釣りの定番の外道。

メバルは11月から12月にかけて交尾し、1月から2月頃に4、5ミリの仔魚を産む卵胎生(親の体内で孵化して生まれる)の魚です。

食性は動物性で小型の魚類からエビ・カニ類、巻貝、多毛類などを食べる。

エサ釣り以外にメバルはワームなどのルアーでも釣ることができるため人気のターゲットです。

メバルの料理法は、煮付けや唐揚げが一般的。



posted by メバルック at 16:05 | Comment(29) | TrackBack(7) | メバルとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。