東京湾のエビメバル 釣具と仕掛け

東京湾奥で活きたモエビを餌にメバルを釣る通称「エビメバル」は毎年2月1日に開幕します。数年前からメバルの産卵期にあたる12月と1月を禁漁期間とし、資源保護に努めています。
釣り場は川崎や本牧など湾奥部のため波も穏やかで釣り易く、そこそこ数も釣れるので船釣り初心者や子供にも楽しめます。
参考サイト「初心者のための船釣り情報in東京湾

エビメバルの釣具(タックル)


メバル釣りは小物用の万能竿やキス竿で流用することも可能ですが、専門に狙うならやはり専用のメバル竿がベスト。
エビメバルに使用するロッドは長さ3メートル前後、オモリ負荷15号くらいの軟調の胴調子。(仕掛け全長が長いため、あまり短い竿は扱いにくい)
リールは小型両軸にPEライン1号前後を100メートル巻いたもの。

エビメバルの仕掛け

メバル仕掛け幹糸2,5号、枝ス1,5号の胴付き3本針仕掛けを使用します。
枝間(枝スと枝スの間)は60センチ程、一番下の枝スからオモリまでを20センチ以下と短めにすると、外道のカサゴが釣れる確立が上がります。枝スは35センチ〜40センチのロングタイプが主流。幹糸と枝スの接続は直結でも良いですが、ビーズを使うことにより絡み防止になり、根掛かり時の枝スの交換も楽に行えます。(市販の仕掛けは直結です)
針は活きたエビエサを弱らせない為に細軸のメバル針9号や渓流釣り用のヤマメ針9号、オモリは20号が標準です。
メバル釣りのポイントは岩礁帯なので根掛りは避けて通れません。オモリの予備は多めに用意しましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。